Butterfly stool


日本が誇るインダストリアルデザイナーの柳宗理先生が1956年にデザインされた
バタフライスツールです。
蝶が飛ぶ姿に似ていることからバタフライスツールと呼ばれています。
ビニールシート(塩化ビニールの板?)を温めて手で曲げることによりこの形ができあがりました。
当時、最先端の技術であった成形合板でこのスツールができないかと
産業工芸試験所へ模型を持ち込み、乾三郎さんの協力を得ます。
そしてその後、山形にある天童木工で製品化されました。
2枚の成形合板が向かい合い2つのネジと真鍮のバーとだけで留められているため
コンパクトに輸送できドライバー1本で簡単に組み立てられる。
シンプルと評されることが多いが私はそうは思わない。
どこの曲線を見ても複雑で本当に美しい。
柳先生のデザインされた物に共通して言えることだがこの曲線を描ける人は
他にいないであろう。
見飽きた?という方も、まだ見たことない方もどこかで見かけたらじっくり見てみましょう!

right 1956年デザイン  left BEAMS別注

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM