<< 久し振りの外出 | main | 支線カバーの顔 >>

宮本から、柏餅、ずずずずずっとなまたあう日まで極にぼ

2018.5.4(金)ー5.12(土)

ドラマ「宮本から君へ」大好きです(^0^)/。

↑ここを通るとsayangも逆立ちしたくなります(^0^)/。

「南青山まめ」。

sayangが愛してやまない和菓子屋さんでございます☆

子供の日に伺えなくなったのでちょっとフライング柏餅(^0^)/。

and桜餅最終日(5月4日)☆

「南青山 まめ」 こし、つぶ(ヨモギ)

こしは、柏葉香る弾力の強いお餅に滑らかで品のあるこしあん。

つぶ(ヨモギ)は、濃いヨモギに甘さ控えめのつぶあん。

今日のヨモギはちょっと葉の繊維を感じますがつぶあんの

小豆感がたまらない。

「南青山 まめ」桜餅

粒を残した瑞々しいお餅に上品なこしあん。

しっかりと塩を効かせた桜の葉と一緒にいただくことで

完成する桜餅。

↑息子さんが自分で作ったおやつ(^^:)。

スープと醤油タレ、鶏油の味を別々に味見。流石です(^^:)。

しかしカップ麺とは思えないと申しますかすごいクオリティー。

 

「麺処 びぎ屋」限定 白醤油の生のり和えつけ麺 ※現在は終了。

毎年恒例、もうこの季節かと思わせる逸杯。

sayangはこの生のりとタレなどで和えられた麺だけで

食べ切れてしまうほど大好きであります☆

スープは、

塩気のしっかりとした旨みの強い動物寄りスープ。

もちろん生のりも☆

sayangはつけ麺にせず麺をモグモグタイムしながらスープを

ちょろっと流し込むスタイル。

中盤辺りからはスープを少しずつ麺の方へ移し和え和え。

〆はスープ割り。

今年も春の生のりをいただくことができました☆

「麺処 びぎ屋」

東京都目黒区鷹番2−4−9
月ー金 11:30〜14:45(ラストオーダー)18:00〜22:30売り切れまで
土日祝 11:30〜22:30売り切れまで
無休(お休みや限定メニュー情報はtwitterにて)。

 

「麺や 維新」つけ麺

5月から新しくなりましたつけ麺。

麺は、

自家製平打ち太ストレート。

なんと美しい。

唇と口中を撫でられたかのようなシルキーさとしっかりとしたコートを

感じる弾力。噛めば噛むほど上質な小麦の香り旨みが膨らみます。

なんと美味な麺!

ちょっと長すぎて引き出すのが大変ですが・・・。

スープは、

今回のリニューアルで鶏のみになりました。

鶏油は、

変わらずお上品。

そして、これでもかと主張する醤油タレ!

維新さんの醤油タレが分かってしまうほどの濃さでございます(^0^)/。

かなりしょっぱめですが麺をつけていただくと丁度良い塩梅。

〆の

スープ割り。まだ醤油タレが強いですが今度は鶏の香りがぐぐっ。

「麺や 維新」
東京都品川区上大崎3−4−1サンリオンビル1F
11:30〜15:00 18:00〜22:00※いずれも材料切れまで
日曜定休

 

「麺処 びぎ屋」限定 白醤油の煮干しつけ麺 ※現在は終了

 

麺は、

デフォの中細ストレート。

水で〆られるとモソコリッとした食感に変身。

小麦、全粒粉、かん水の香りが心地よい。

中盤以降ちょっと麺同士が仲良くなってしまう印象。

スープは、

ドンッと煮干し!うはっうれしい☆

うぉっしょっぱい!

油も

煮干し油だ☆

トッピングもいちいち美味しい(^0^)/。

麺上トッピングなのでそれぞれの味付けが分かりむふふ☆

特に小松菜!この茹で加減と鰹出汁全開の味のしみ具合が最高!!

〆のスープ割りももちろん

煮干し出汁☆

まだちょっとしょっぱかったですがいっちゃいました(^0^)/。

「麺処 びぎ屋」

東京都目黒区鷹番2−4−9
月ー金 11:30〜14:45(ラストオーダー)18:00〜22:30売り切れまで
土日祝 11:30〜22:30売り切れまで
無休(お休みや限定メニュー情報はtwitterにて)。

一目見てあれっ?

えぇっ似ておりますよね。

ずっと気になっておりましたが

どなたもレビューされていらっしゃらないので・・・

我慢できずに入っちゃった(^^:)。

「麺屋 新創」醤油ラーメン

思っていたよりちょっと明るい色味。

スープは、と、

じぇじぇじぇ!

レンゲがデカい!!!

レードルと言っていいほどデカい!!!

なので重い(特に後半)!!!

三河屋製麺の中細麺。

トリュフソース。

「麺屋 新創」

東京都世田谷区上北沢4−16−10

そういえば、

Kepo bagels(ケポベーグルズ)さんが

線路の向こう側から上北沢商店街に移転されておりましたよ☆

 

 

「一汁三にぼし 裏不如帰」限定 極にぼ+味玉

公式に発表されましたので皆さまもご存知かと思います。

SOBAHOUSE 金色不如帰が新宿御苑へ移転となります。

現在の店舗も残しますが本店が新宿御苑に移転という形になります。

現在の店舗は海外店舗展開や催事が落ち着き次第、

あのメニューがいただける店舗として再オープン予定でございます☆

さて、で、最終営業が5月17日(木)の昼営業のみ。

なんと裏不如帰で終了となるのですがおそらく最終日は混んでしまい

いただけないだろうと一足早くの食べ納めでございます。

そうなんです。裏不如帰はしばらく休業となり再開未定でございます。

極上の煮干し油、そして極上の煮干しスープ。

現状ここまでの濃さで苦みや雑味のない煮干しスープは

この極にぼのみだと思っております。

動物系不使用で2種の煮干しと昆布のみで仕立てられたとは思えない厚み。

麺は、

中細ストレート。

低加水でいわゆる博多麺に近いですが茹で加減が絶妙!

ロースとバラの煮豚。バラは片面炙り。

全てが沁みる、沁みる、沁みる。。。

sayangが愛してやまないこの逸杯がしばらくいただけない・・・。

ひと匙ひと匙じっくりじっくりいただかせていただきました。

またあう日まで。

「一汁三にぼし 裏不如帰」

東京都渋谷区幡ヶ谷2−47−12
03−3373−4508
11:30〜15:00 ※材料切れまで
木曜日のみの営業
幡ヶ谷駅下車6号通り商店街を4分の3位進み右側にGARDEN ROKUGOという
小さなスーパーを見ながら左側の細〜い路地を探すと発見できます。
(路地への入口はラーメン屋さんと小さな乾物屋「フード・ながのや」さん。)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM