<< もみじ市 | main | 「麺処 びぎ屋」醤油らーめん(全部入り)、「一汁三にぼし 裏不如帰」味玉煮干しそば >>

明日から店名替わります「そばはうす 不如帰」味玉そば(醤油)、我が家の恒例行事「イタリア展」フガフガ

2014.9.30(火) 快晴 最高気温29℃ 最低気温21℃

至福の時間・・・らしい。 
↑ジョジョのフィギュアの箱眺め中。
↑なぜ箱なんだ!

この匂いが大好き・・・らしい。
↑まんだらけの匂いがするのがたまらないんですって(^^:)。
↑あぁおそろしや。。。
「そばはうす 不如帰(ほととぎす)」味玉そば(醤油)

sayangのNO.1。(塩も!)
口に含んだ瞬間から

溢れ出すハマグリ出汁。直後に他の魚介の旨みも押し寄せ
心地良く香るポルチーニと共にどこまでも伸びてまいります。。。
あぁっ・・・美味い!
麺は、

平打ち中細ストレート。
張りがあり噛み込むと全粒粉のふすまをカチッ感じる逸品。
今日は醤油タレがほんのりやさしく感じましたがいやはやこの逸杯は
美味過ぎてまいります。。。
本日をもって

「そばはうす 不如帰」としての営業は終了。
明日10月1日からは「SOBAHOUSE 金色不如帰(そばはうすこんじきほととぎす)」
として営業開始となります。
ちなみに屋号が替わるだけであとはな〜にも変わりませんのでご心配なく(^0^)/。
見納めの暖簾をパチリ☆

「そばはうす 不如帰(ほととぎす)」
東京都渋谷区幡ヶ谷2−47−12
03−3373−4508
11:30〜15:00 18:30〜22:00※いずれも材料切れまで
木曜日は裏不如帰として営業(11:30〜15:00)
金曜定休
幡ヶ谷駅下車6号通り商店街を4分の3位進み右側にGARDEN ROKUGOという
小さなスーパーを見ながら左側の細〜い路地を探すと発見できます。
(路地への入口はラーメン屋さんと小さな乾物屋「フード・ながのや」さん。)
※10月1日より店名を「そばはうす不如帰」改め「金色 不如帰」として営業。

我が家の恒例行事「イタリア展(伊勢丹新宿店)」にまいりました。
毎年この時期になるとそわそわする我が家(^0^)/。
↑我が家は全員大のイタリアン好きなのだ!!!
今年はワインコーナーが広くなって出展ブースが少なくなり
出展者も変わり映え致しませんがそれでも燃えます(^0^)/。
まずは昨年と同じ出展となった「Da Gaetano×Da Gaetano」。
ナポリ・イスキア島の名店Da Gaetanoと暖簾分けを許された
福岡市のPizzeria Da Gaetanoの師弟ブースにて腹ごしらえ。

「ピッツァガエターノ」

モッツァレラにプチトマト、スモークハムというシンプルな一枚。
サッパリしているので全粒粉全開のモチモチ生地を存分に味わうことができます。
「ビスマルク」

モッツァレラにハムにポルチーニに卵。
卵で味が薄まる分、ちょっと味が薄いかな。でもおいしくいただきました☆
何をいってもこの生地は美味い!

フィレットDOCとリビエノポルチーニも食べてみたいなぁ。。。
では・・・試食開始(^0^)/。
そう、イタリア展は、ここからなのです!!!
ほぼどの商品も試食ができるため味を確認した上で
購入することができます☆

もちろんチェトローネ社の高級オリーヴオイル「デリカート」も

普通に味をみられます☆

ワインコーナーが広がってすごいことになっておりました。。。
我が家は飲めませんがもちろん試飲することができます。
↑皆さん真っ赤。一回りしたらボトル1本分位になるのでは(^0^)/。
DMにも出ていた
「モンタナーリ・アーク」のパルミジャーノ・レッジャーノをゲット。

標高の高い高原にしか生息できないブルーナ種の貴重なチーズ。
濃厚なミルク感。香りと酸味が独特。
こちらも広告に出ていた
「2312カセイフィシオ ジェンナーリ」のパルミジャーノ・レッジャーノ
36ヶ月熟成もゲット。

本年度のパルミジャーノ・レッジャーノ品評会NO.1の王様。
濃厚ながら香り、酸味のバランスが絶妙。万能で何にでも使えそうです。
気が付けば・・・

チーズ祭りに。。。

正直、どのチーズもおいしいんです!!!

どれも貴重で間違いないのですから・・・。
本年度のモッツァレラNO.1は、

爽やかなミルク感でいただきやすいお味でした。
あっモッツァレラは、サンヨーエンタープライズさんのブースにございます

SALVATORE CORSOのMOZZARELLA DI BUFALAをお忘れなく。
これだけは毎年絶対に外せない逸品中の逸品!
オリーヴオイルだけをかけていただくとこのミルク感が・・・たまらない!
空輸された分のみでなくなりますからお早めに☆
ちなみにホエー液でリコッタチーズが作れますのでさらにお得ですよ(^0^)/。
そしてそして今展の目玉中の目玉!

お馴染みBONAT(ボナーティー)さんのパルミジャーノ・レッジャーノの
なんと9年熟成もの!!!
初めて見ました。
我が家の最高は5年もの。大体2〜3年ものをいただいておりますが
それでも熟成が進みアミノ酸がジャリッとした食感になるくらい。。。
↑あっBONATさんのじゃないですよ。
では、9年物やいかに・・・ん?うわっ!やわらかいしジャリッてしない!!
目が見開いちゃうほど濃厚過ぎてもうミルクと申しますより旨みの塊(^0^)/。
こ、れ、は、、、すごい!おすすめですよ〜〜〜!!!
息子さんはひたすら生ハム(^^:)。



こちらもいつもお世話になっておりますフェラリーニさんの

プロシェット ディ パルマ18ヵ月熟成☆
この味と香りが好きだと息子さん。
↑でも熟成の進んだ物や動物臭強いタイプも好きだったりする。。。
レアな36ヵ月ものもございましたがここまで行くともうレバーみたい。
いやぁしかしどのブースも良いプロシュートばかり☆

ちょっと休憩。しかしキミ何枚分位いただいたの・・・(^^:)。
ドラマティコさんの

ティラミスも最高(^0^)/。
あぁっ何もかも

最高(^0^)/。

祐天寺のアクオリーナ×アリーチェ・ヴィニョーリ。
息子さんはチョコレートとフレッシュミルク。
sayang&家内は、

パルミジャーノとオリーヴオイル。
パルミジャーノ・レッジャーノそのままの甘じょっぱいお味に
ちょっとビックリ(^0^)/。
オリーヴオイルは仕上げでかけられたタイプでなく今展では
すでに混ぜられておりました。
こ、れ、が、、、うまい(^0^)/。口解け最高!

買い過ぎてもた〜〜〜(^^:)。
でも楽しかった〜〜〜(^0^)/。
「イタリア展」
2014.9.30(火)−10.5(日)
伊勢丹新宿店6F催事場

東京サイエンスさんでちょっと石を見た帰り道。
狙っていたフチゾリネッタイコシビロダンゴムシを

一発ゲ〜〜〜ット!!!

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM