<< 日〜火 | main | 「麺処 びぎ屋」白醤油らーめん(全部入り)、「一汁三にぼし 裏不如帰」極にぼ >>

殿堂入り 「そばはうす 不如帰」 味玉塩そば

2017.10.21より塩そばがブラッシュアップされました。

口いっぱいに広がる蛤出汁。。。

そして得も云えぬ魚介や豚骨の旨みが広がる広がる広がる・・・。

麺とトッピングのみの変更かと思いきやスープの配合も違います。

塩角が全くなくただ出汁の旨みを引き出す絶妙な塩分。

優しくふくよかでありつつ物足りなさは皆無。

山本代表はキレを目指したとのことですがよりまろやかになった印象。

平打ち中細ストレートは、

やや加水を減らした印象。

以前に比べコートが強くなり歯を立てるとほんのりパツン。

小麦と全粒粉の香りも力強く感じます。

後半は以前の麺に近くなりスープの旨みを纏います。

新トッピングは、黒豚のパンチェッタを揚げて

ベーコンビッツに。

柔らかく仕上げられておりますので食感が良く塩気と香りが

ナイスアクセント。

添えられたインカベリーのソース(ジャム?)の

甘酸っぱさがこれまた合う合う。

気のせいではなくドライトマトも入ってます?

ちょっとインカベリーとドライトマトの中間のような風味。

時折口に飛び込んでくる豆苗やバジル、ルッコラも素晴らしいお口直し。

ポルチーニのペーストも健在!

そしてそして

右側の煮豚はイベリコベジョータのバラ。

こ、れ、が、、、美味い!

味付けはいつもの煮豚と同じですが比較すると肉のお味が全く違います。

スープ、油、麺、トッピング全ての調和が素晴らしく

食べ進むにつれたくさんの素晴らしいお味と出逢うことができます。

逸杯中の逸杯でございました☆☆☆

 

 

2013.4月より塩そばがリニューアル。
タレ、スープはそのままに白トリュフオイルを使用した香味油に変更。
トッピングにLARDO DI COLOMMATA(LARDO SALATO)と
ピンクペッパーを追加した。



白トリュフオイルが非常に良い塩梅のスープは完全に洋の味わい。
蛤独特の香りを白トリュフの香りが上回り、魚介を中心とした旨みだけをより集約させる。
元々、厚みのあるスープでしたが白トリュフオイルの香りと独特な風味が
香味野菜的な役目も果たしさらなる広がりをみせた。
替えていないはずの塩タレも不思議と角がなくなった印象。
一口含み目を閉じると海の深さと大自然が浮かび上がる。

ラルドは口の中に入れるだけでローズマリーや黒胡椒が香り
噛むごとに濃厚な豚の旨みがこれでもかと押し寄せ
異次元へと誘う。
ピンクペッパーのフレッシュな香りもたまらない。
油を替えるだけでこれほどまで変わるのかという驚きと
誰も味わったことのない洋な塩ラーメンに業界が騒然となることでしょう。
文句なしの殿堂入り。

「そばはうす 不如帰(ほととぎす)」  
東京都渋谷区幡ヶ谷2−47−12
03−3373−4508
月火水11:45〜15:00 18:00〜21:30(いずれもスープ切れまで)
土日 11:45〜15:00
木曜日は裏不如帰として煮干しラーメンを提供(11:30〜15:00スープ切れまで。)
金休
幡ヶ谷駅下車6号通り商店街を4分の3位進み右側にGARDEN ROKUGOという
小さなスーパーを見ながら左側の細〜い路地を探すと発見できます。
(角はラーメン屋ねじ式さんと小さな乾物屋「フード・ながのや」さん。)
※2013.4.1現在


コメント
初めまして、ここんばんは^^ こちらのメニュー、すごすぎますよね!通常メニューとして定着してくれたら本当に嬉しいです^^ もちろん通常の醤油味も絶品でした^^
麺ちゃんさま
本当に凄過ぎますよね(^0^)/。
こちらの塩そばが通常メニューになりましたので
山本店主がまた何か始めない限りは
普通の塩そばとしていただけますよ☆
うれしい限りでございます(^0^)/。
醤油か塩で悩みに悩む今日この頃でございます。。。
  • sayang
  • 2013/04/21 8:50 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM